ネットショップsapsan(サプサン)による10〜20代向けWEBメディア

筋トレが自宅でも捗る本当に効果のあるグッズ・器具7選!!

2018/08/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sapsango
ネットショップでストリートファッションを販売しているsapsan【サプサン】が10〜20代に向けて発信しているWEBメディアです。LINE@で無料プレゼント企画をバンバン開催中!LINEID【@bai7182v】

ダイエットや筋力アップのために始める筋トレですが、わざわざジムに通わず自宅で気軽に筋トレをしたいと言う方は多いのではないでしょうか?

しかし、いざ腕立て伏せや腹筋などの器具を使わない自重トレーニングといわれるものを始めてみるものの、思うような効果を得られずやる気がなくなってしまう、、、

このような経験がある方にぜひオススメしたいのが、自宅でも気軽にできて比較的安価な筋トレグッズです。

道具を使うのと使わないのとでは、効果に大きな差があり、より大きい効果を実感できることで苦しい筋トレを続けるためのモチベーションにも繋がります。

そこで今回は自宅で気軽にできて、しかもより効果の高い筋トレグッズを7つ紹介していきましょう。

 

アブホイール(腹筋ローラー)

 普通の筋トレをするよりも驚くほどの効果を得られることで有名なのがこの腹筋ローラーといわれるもの。

腹筋に相当な負荷がかかるため、普段運動をあまりしていない方は10回も行えば次の日はほぼ確実に筋肉痛になるでしょう。

これほど効果があるグッズにも関わらず、1000円以内とかなり安価に購入することができます。

効果の凄さはsapsanも実証済みなのでぜひ1度試してみてください。

 

 

 

プッシュアップバー

始めた頃は胸筋や腕に効果があった腕立て伏せも、筋肉量が増えてくることでだんだんと効果を感じられなくなってきます。

そうなってくると負担がほとんどかからなくなり、いくら腕立て伏せをしても成長することは難しいでしょう。

そこでこのプッシュアップバーを利用することで今までの腕立て伏せより更に体を沈めることができるようになり、大きな負担をかけられるようになります。

腕立て伏せを始めると、このプッシュアップバーが必要になるタイミングが比較的早いので準備しておくことをおすすめします。

こちらも1000円未満とかなり安価!!

 

 



ドアジム(懸垂バー)

上半身を綺麗に魅せるためのボディメイクは懸垂が最も効率が良いといわれています。

しかし懸垂を自宅で行うにはバーを付けるために穴を開ける必要があり、アパートなどの賃貸物件では中々実現することは難しいでしょう。

そこでドアの間に突っ張り棒のように取り付けるドアジムというグッズを使うことで賃貸物件でも懸垂が可能になります。

注意点として、飛びつくように使用するとドアジムがずれてしまい大変危険なので、ゆっくりと体を持ち上げるようにしてください。

価格はおよそ2000円とそれほど高くはありません。

 

 

 

バランスボール

かなりメジャーなバランスボールですが、使い方次第では体幹を鍛えたり、お腹の脂肪を燃焼するといった効果を得ることができます。

使い方の動画がYouTubeでもたくさん紹介されていますので、筋トレ前後のストレッチなどに利用してみてください。

今は下記の商品のように空気入れもセットのものがあり、気軽に始めることができます。

 

 

 

ダンベル(IROTEC)

自宅での筋トレといえば自重の次に思い浮かぶのがダンベルですよね。

気軽に始められて自宅筋トレでは最大級の効果を発揮することができるのでかなりオススメなのですが、ダンベル選びの際には注意する点があります。

基本的に軽ければ価格も安くなってくるため、10kg程度のダンベルを購入される方が多いようです。

しかし、男性の場合だと、継続してトレーニングしていくと10kgのダンベルではすぐに物足りなくなり重量プレートを追加購入することになってしまいます。

そこで少々値段は高くなりますが、初めから20kgのダンベルを選ぶ方が結果的には安く購入することができるでしょう。

 

 

 

フラットベンチ

ダンベルを使った筋トレはもちろん、動画のような少し変わった腹筋運動などにも活躍するのがトレーニングジムにもよく置いてあるフラットベンチです。

これ一台あるだけで筋トレメニューの幅が広がるので安く自宅筋トレグッズを揃えたい方には必需品と言えるでしょう。

このフラットベンチはなんと6000円以内で購入できてしまいます。見た目だともう少し高そうにも見えますよね。

 

 

 

ヨガマット

ここまで紹介してきたグッズを自宅で使用するためにぜひおすすめしたいのがヨガマット。

グッズや器具で床を傷つけないこと以外にも、ストレッチや腹筋ローラーを使用する際に腰や膝への負担を軽減することも可能です。

ヨガマットは薄すぎるものも当然ダメなのですが、逆に厚すぎると体幹トレーニングなどでバランスが取りづらくなってしまいますので、厚さは10mm程度のものが好ましいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ジムに通うタイミングは?

自宅とジムどちらで筋トレを始めるか迷っている方は、本格的にジムに通う前に最低限のグッズだけ購入して自宅から始めることをおすすめします。

ジムに通った方がお金も払っているから長続きしやすいと耳にすることがあります。

しかし、sapsanが通っているジムでは入会後すぐに顔を見なくなる方が結構いますので、無理していきなりジムに通うよりも筋トレそのものが自分に合っているかをしっかりと確かめることから始めましょう。



この記事を書いている人 - WRITER -
sapsango
ネットショップでストリートファッションを販売しているsapsan【サプサン】が10〜20代に向けて発信しているWEBメディアです。LINE@で無料プレゼント企画をバンバン開催中!LINEID【@bai7182v】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SAPSAN , 2018 All Rights Reserved.