ネットショップsapsan(サプサン)による10〜20代向けWEBメディア

車が欲しい!1年間に必要な維持費を計算しました。軽自動車と普通車

 
この記事を書いている人 - WRITER -
sapsango
ネットショップでストリートファッションを販売しているsapsan【サプサン】が10〜20代に向けて発信しているWEBメディアです。LINE@で無料プレゼント企画をバンバン開催中!LINEID【@bai7182v】

※この記事は一般的な街乗りで軽自動車、普通車を所有した場合の参考維持費を紹介しています。商用、違法改造、極端に大きな車や高級車は例外とさせていただきます。

 

地方に住んでいるなら必須と言っていいほど必要不可欠な自動車。

これから車の購入を検討している方のために、1年間にかかる費用(維持費)がどれくらい必要なのかをまとめてみました。

今の給料と維持費の割合をしっかりと計算してあなたに合った車を選びましょう。

 

維持費とは

維持費とは車を所有、使用することで必要になってくる費用のことを言います。

その費用というのはメンテナンスや税金等など全てを合算して算出されるものであり、車を所有している以上どれだけ節約しても必ず必要となってくるのでしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

駐車場代

車を駐車するために必要な駐車場の利用料が毎月必要になります。

車を所有する際に、車を駐車する場所を車庫証明と言われる書類で示す必要があるため、必ず駐車場を用意しなければなりません。

駐車場料金の全国平均相場は1ヶ月約8000円と言われていますが、東京をはじめとした都市部の駐車場料金が異常に高く、そのせいで全国平均がグッと高くなっています。

そのため全国平均はあまり参考にならず、地方であれば1ヶ月5000〜7000円が相場といえるでしょう。

 

ガソリン代

所有者の利用頻度や車の車種によって毎月必要になるガソリン代は大きく異なり、平均のガソリン代は一切参考になりません。

そこで唯一参考になるものといえば、購入する車のカタログに記載されている公表燃費。

これを見ればガソリン1リッターで走れる距離を知ることができるので職場や学校までの往復距離をgoogleマップで調べることでおおよそ予想ができます。

しかし、公表燃費は好条件の元計測されたものなので、信号機や他の車がいる中で運転する私たちの場合は公表燃費のおよそ6〜7割程の燃費となることが多いようです。

 

自動車税・軽自動車税

車を所有しているだけで発生するのが自動車税という税金です。

税額は車の総排気量(簡単に言うとエンジンの大きさ)によって決まります。ピンと来ない方は車の大きさで決まる思ってください。

軽自動車であれば、年間で一律10800円

普通車の場合は、総排気量も様々ですのでそれに合わせて税額も変わってきます。

よく目にするこちらのFITという車種は自動車税が年間34500円必要になります。

 

この大きさの車で34500円〜39500円

 

重量税

2年に1度ある車検の際に重量税という税金を支払う必要があります。

こちらの金額に関しては自動車税よりさらに細かく設定されており、最近の車であればエコカー減税で重量税の割引や免除が適用されることが多いようです。

自家用軽自動車の場合、7200円

普通車に関してはソニー損保さんが詳しく解説しています。
icon-angle-double-right 自動車の重さで決まる「自動車重量税」とは?

 

こう見てみると、自動車税・重量税共に軽自動車の方が圧倒的に安いことがわかりますね。

 

自賠責保険

車を乗る上で法的に加入が義務付けられている保険が自賠責保険です。

必ず加入する必要があり、保険料は以下の通り

12ヶ月 24ヶ月
普通車(自家用) 15,520 16,380
軽自動車(検査対象車) 15,130 15,960

自賠責保険は税金と違い、軽自動車、普通車どちらもそれほど金額は変わりません。

 

任意保険

任意保険は自賠責保険と違い、加入は任意です。

しかし、大きな交通事故を起こしてしまった場合の修繕費や慰謝料は多額すぎて間違いなく実費で負担することができません。そうならないためにも任意保険に加入することは車を運転する上での常識といえるでしょう。

また、任意保険料は加入者の年齢が若いほど高くなり、無事故無違反で年齢を重ねていくごとに安くなっていくのが一般的です。

様々な会社で任意保険に加入することができ、18〜25歳だと年間で約10〜12万円が相場なので月額1万円ほどになるでしょう。

 

車検

車の維持費で一番気にされているのが2年に1度の車検ではないでしょうか?

2年に1度まとまった費用が必要になり、この時期が近づくとみんなそわそわしています笑

車検費用の平均は以下の通り、これには上記で紹介した「重量税」と「自賠責保険」が含まれているのが一般的。

 

軽自動車の場合、およそ4〜6万円

普通車の場合、およそ7〜8万円

※総排気量が特に多い高級車は上記よりさらに高額になります。

 

必要な維持費まとめ

 

軽自動車

1年間で必要な維持費

駐車場料金:72,000円

軽自動車税:10,800円

任意保険料:100,000円

車検料1年分:25,000円(重量税、自賠責保険含む)

合計;207,800円

1ヶ月に必要な維持費:17,316円

 

普通車(FIT〜1500cc)

1年間で必要な維持費

駐車場料金:72,000円

自動車税:34,500円

任意保険料:110,000円

車検料1年分:37,500円(重量税、自賠責保険含む)

合計;254,000円

1ヶ月に必要な維持費:21,166円

 

上記の固定費に、毎月のガソリン代と自動車ローンを合計したものが総維持費となります。

 

維持費を節約するポイント

ここまでみると、実際は車検より任意保険の方が高額になっているのがわかりますね。

つまり、多くの方が気にする車検料よりも任意保険を抑える方が節約になるのです。今ではネットで申し込むと割引になる保険もあるので妥協せず徹底的に比較しましょう。

 

そしてもう1つの節約ポイントとして、

車検の際に必要な修繕をできる限り抑えることです。と言っても車検には一定の基準があり、治さなければいけないところをそのままにすることはできません。

そこで日頃から安全以外にも車への負担も考えながら運転することが結果的に節約へと繋がります。

  • タイヤの溝を減らさないように急なブレーキや急な右左折は控える
  • ワイパーを傷つけないようにガラスが濡れていない時の使用は控える
  • こまめなオイル交換でエンジンへの負担を減らす。
  • エンジン停止中はヘッドライトなどの電気系統はかならずoffにする。

上記の項目は車に全く詳しくない方でも意識できるポイントなので、最低限意識するようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
sapsango
ネットショップでストリートファッションを販売しているsapsan【サプサン】が10〜20代に向けて発信しているWEBメディアです。LINE@で無料プレゼント企画をバンバン開催中!LINEID【@bai7182v】

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SAPSAN , 2018 All Rights Reserved.